講座

4月中の開業に間に合う?!今すぐ始めるタイムスケジュール

こんにちは。トータルカラーライフ協会です。

今回は実際に4月中に開業をすることを前提とした場合、今から学習をスタートさせるとどのような流れで進んでいくのかを具体的にご紹介していきます。

まだまだ時間がありそうな気がしてしまいますが、4月はすぐそこですよ!

1月下旬(2月1週目)学習スタート

受講のお申込みをいただいてから教材の発送までに5営業日ほどかかります。

そのため、この時期にお申込みいただいてもなかなかすぐには学習に取りかかれません。

今回は1月下旬にお申込みいただいたと仮定して、2月2週目に教材がお手元にあるとします。

第1回目の課題は色彩の基礎知識を問う課題になっています。

テキストを読めば分かりますし、時間がかかる実技でもないので比較的すぐに提出される方が多い回です。

過去にどちらかで学習経験のある方にはウォーミングアップといった感じの、少し簡単に感じられる内容です。

2月3週目

第2回の課題提出。

第2回も実技ではなく記述問題ですが、第1回目より少し量が多くなっています。ここからパーソナルカラーについての学習が本格的にスタートします。

2月4週目

第3回の課題提出。

実技課題です。この回は実技課題としては初めての回であること、小布を分ける実技でも4タイプに分類するだけであることからさほど難しい課題にはなっていません。

実際に診断で使用するドレープと同じ布なので、感触を確かめてみたり印刷物との見え方の違いを実感してみてください。

2月5週目

第4回の課題提出。

10タイプ分類についての学習が始まります。

まずは基礎知識を問う記述問題になります。

3月1週目

第5回の課題提出。

これまではフォーシーズンと分けて見分ける練習をしてきましたが、今回は10タイプまとめて色を見分けられるかどうかの課題です。

最初なので、布よりも簡単なカラーカードで見分けます。

3月2週目

第6回の課題提出。

10タイプに関する記述です。ここでしっかり特徴を理解しておきましょう。

3月3週目

第7回課題提出。

フォーシーズン以外の6タイプについて小布を見分ける課題です。

実はこの課題は再提出になってしまう人が多く、ここまで一週間に1回の課題提出がスムースにできていた人もつまづく可能性高い課題です。

ここで一回「再提出になって卒業が遅れる」ことも踏まえてスケジュールをたてましょう。

3月4週目

第8回課題提出。

この課題は楽しんで取り組んでもらう課題です。ただ、量が非常に多いため、課題を終えるまでに一週間以上かかる可能性があります。

この課題も少し時間に余裕を持って取り組みましょう。

3月5週目(4月1週目)

まだ課題が残っていますが4月に突入です。

第9回課題提出。

この課題も全開に続いて楽しんでもらう課題です。ただ、この回と次の最終回は実践で役立つようにという内容になっていますので、かなり考えて取り組んでもらう必要があります。

「早く提出しちゃえ」ではなく、きちんと仕事として、プロとしてこの知識を活用することを念頭において取り組んでください。

4月2週目

最終第10回課題提出。

与えられた条件のお客様が来店した想定で、アドバイスとカラーコーディネートを考えてもらう課題です。

プロのカラリストになったつもりで考えてください。

4月3週目

課題修了。

ここで入門コースとプロコース入門編は修了です。

入門コースの方も、お仕事として活用するのであれば、この後にドレーピングのスクーリングを受けていただくことをお勧めしています。

オプションなので強制ではありませんが、未経験の方はここまでの学習だけでお客様に接することはできません。

正しいカウンセリングとドレーピングを経験してから開業しましょう。

短期集中特別講座

各月10名様のみ入門コースの特別通信講座をご用意することにしました。

2月生の募集を開始しました。プロコースを悩まれている方も、とりあえず短期集中入門コースでパーソナルカラー10タイプ分類を体験してみてください。

今すぐカラリスト!集中して学習してしまいたい方向けの特別講座

まとめ

いかがですか?

すべてがスムースに進んだと仮定しても4月の3週目まではかかってしまいます。

皆様からの答案の添削も、順次取り掛かってはいますが、必ずしもすぐに返送できるわけではありません。

プロコースをご検討の方はさらに時間がかかります。

各コースの受講をご検討中の方は、ご自身がいつまでに学習を終えたいのかということを明確にし、逆算したうえで余裕をもってご受講ください。

 

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。