お知らせ

【合否通知発送】第2回10タイプカラリスト試験

昨日、受験者全員に合否結果をお送りいたしました。

合格された方、おめでとうございます!

合格者には認定証を同封しております。大切に保管なさってください。

また、3月5日を過ぎても合否結果がお手元に届かない場合、お手数ですがご一報ください。

受験者

合格率:67%(合格者平均点:86点)

最多受験者年齢層:40代

最多受験者職業:主婦

その他:学生・カラリスト(イメージコンサルタント・ヘアスタイリスト)・会社員等

現在、フォーシーズンでのカラリストとして働いている方も多く見られました。この方たちは、やはり基本を理解しているので、高得点でした。

誤答が多かった問題に関して

さて、ここからは間違えてしまった人が多かった問題について、簡単に解説していきます。

チップ貼付問題

10タイプカラリスト試験には、カラーチップや小布チップを貼る問題があります。

どちらの場合も、内容をきちんと理解したうえで選んでいる色(チップ)であれば、模範解答と異なっていても正解としています。

カラーチップや小布チップはロットによって色の差が生じているため、「見ようによっては…」というものもあるからです。

が!

そのような理由にあてはまらず、明らかに違うものは当然不正解となります。

まず多かった間違いが「ウォームタイプの赤」を選ぶ問題です。

この問題で明らかに間違いと言えるのは、対極にあるクールタイプの赤、つまりブルートーンの赤を選んでしまうことです。

ここは、理解しておくべき点なので、きちんと見分ける練習をしておきましょう。

同じように、ソフトタイプにあてはまるカラーチップを選ぶ問題で、鮮やかな色を選んでしまっている解答も目立ちました。

メイクの問題でしたが、ウォームタイプやクールタイプは色相を意識してカラーを選ぶ、その他のタイプは各タイプの特徴を活かしたうえで、色相環の上のほう・下のほうという色相を意識しメイクカラーのコーディネートが必要です。

色相が「赤みのだいだい」のリップカラーに合わせるソフトタイプの人のアイカラーは、色相環で上のほうにある色の中からソフト・ダル・グレイッシュ・ライトグレイッシュトーンの色を選ぶ必要があります。

論述問題

指定の文字数と大きくかけはなれている場合は、当然、減点対象となります。

補足説明として欄外に記載があるものも減点対象です。イラストを使って説明していた人もいましたが、これも減点対象です。

個人的には「かわいいな」「おもしろいな」とは思いましたが、これは試験なのでダメです! 決められたルールに沿って解答してください。

ちなみに、講座ではこのような説明の仕方は減点対象にしませんよ。

また、提示されている条件について言及していないもの、書かれている情報以外の設定を勝手に追加しているものも減点対象です。

例えば、設問の設定で「50代・ぽっちゃり型」とある場合、「若い時に似合っていた色が似合わなくなった理由について」想定できるものとして「加齢」は正答となります。

しかし、「太った」というのは当てはまりません。若い時からずっとぽっちゃりだったかもしれないからです。

その他

あまりにも貼り方が雑なもの、書き方が雑なものは減点対象となっています。

在宅受験ですので、時間がなかったということはないはずです。もともとの字が汚いことは仕方ない(私も綺麗ではないので)のですが、汚いなりに丁寧に書こうとしている字と、そうでない字は分かります。解答欄からはみ出していたり「ろ」なのか「ア」なのか「3」なのか分からないような字は採点することもできません。

最後に

受験してくださった皆様、ありがとうございました。

コロナ禍での開催のため、在宅受験という方法がうまく機能するか不安でしたが、思っていた以上にスムースに運ぶことができました。

今回2級に合格された方は10タイプアシスタントカラリストとして認定させていただきます。

1級に合格で「アシスタント」の文言が取れます(笑)

1級は検定試験形式ではなく、WEB講座もしくは通信講座での取得のみとなっていますが10タイプアシスタントカラリストの方は差額で学んでいただけますので、ぜひご検討ください。

この10タイプアシスタントカラリストとしての知識が、日々の生活やお仕事に活かされますようお祈りしています。

…おっと、最後みたいになってしまった。

次回は7月開催です! まだまだ続きますよ!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。