パーソナルカラー10タイプ分類

あなたは分かる?autumnのクローゼットにある4つの「似合わない色」

本日はautumnさんのお部屋を訪問。

クローゼットの中を拝見して、似合わない色の服がないか探してみます。

autumnさんのイメージワードに合ったお部屋です。イメージワードとしては次のようなものがあります。

autumnのイメージワード:トラディショナル・リッチ・ナチュラル

部屋はパーソナルカラーに合わせる必要はありませんが、背景の色として考えたときに、部屋の中にいて美しく見せてくれるという効果があります。友人や恋人が頻繁に訪ねてくるようであれば、部屋の色のチカラを借りるのもアリですね。

さっそくクローゼット拝見!

問題:この中にautumnタイプには合わない色の服が4枚混じっています。

見つけ出せますか?※バッグとシューズは除きます。

 

・・・・・・

 

正解:水色のセーター/ピンクのワンピース/グリーンのスカート/青紫のジャケット

似合わない理由は?

autumnタイプは深みのある柔らかい色が似合います。この水色のセーターは柔らかいという点では良いのですが、落ち着いた深みのある色ではありません。

「落ち着いた深みのある色」は「濃い色」だと考えると分かりやすいでしょう。

残念ながらピンクが似合わないタイプであることも有名です。

イエローベースはピンクを身に着けるならサーモンやコーラルのような黄みがかったピンクが良いのですが、これは薄くないと「ピンク」に見えません。

autumunタイプは薄い色が似合いませんから、つまりはピンクが苦手ということになってしまうのです。

グリーン系の色は幅広く似合うautumnタイプですが、鮮やかで明るいグリーンはNGです。色が浮いてしまいます。

ボトムで身に着ける場合は、トップの面積のほうを大きくするなど工夫しましょう。

イエローベースオススメの紫は赤紫です。このジャケットは青紫なので、まず色相としてアウトです。さらに、明度が高く薄い色のため、やはり似合いません。

似合わない色を取り替えよう!

いかがですか?

autumnタイプは一般的に薄い色が似合いません。色が浮いてしまいますので、ちぐはぐな印象になってしまいます。

なじみが良く見えるためには、落ち着いた深みのある色を選ぶようにしましょう。

似合わない色を着たい!

最後に、「似合わない色でもどうしても着たい」というときのためのオススメ方法です。

ストールなどで顔回りに似合う色をもってくるというのが一般的ですが、そのストールが似合わない色のほうとある程度マッチしていないとおかしくなります。

例えば、似合わない色のほうが水色だったら、似合う色のストールを紺にして、色相を合わせてみるとかですね。

ストールは柄モノやグラデーションのものでも大丈夫です。柄やグラデーションの一部に似合わない色が入っていても、パッと見たときに「似合う色」と判断できるものであれば問題ありません。

 

年に数回おとずれる衣替えの季節。クローゼットに眠っている似合わない色を思い切って捨てる、捨てられないなら活用できるものを買い足してみる…ほんの少しの工夫であなたのクローゼットも生まれ変われますよ。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。