パーソナルカラー10タイプ分類

あなたは分かる?springのクローゼットにある4つの「似合わない色」

本日はspringさんのお部屋を訪問。

クローゼットの中身をチェック!似合わない色が紛れてないか、一緒に考えてみましょう。

springさんのイメージワードに合ったお部屋です。イメージワードとしては次のようなものがあります。

springのイメージワード:キュート・ポップ・プリティ

部屋はパーソナルカラーに合わせる必要はありませんが、本人のイメージに合っているという点で、周囲の人へのイメージアップにつながる可能性も…あるかも?

さっそくクローゼット拝見!

問題:この中にspringタイプには合わない色の服が4枚混じっています。

見つけ出せますか?※バッグとシューズは除きます。

 

・・・・・・

 

正解:ピンクのセーター/ブルーグレーのスカート/薄紫のワンピース/グレーのコート

似合わない理由は?

まず、springタイプはこのように鮮やかな色が似合うため、彩度が低いグレーがかった柔らかい色が似合いません。

次に、ピンクもこのように青みがかったピンクは似合いません。イエローベースなのでピンクを選ぶなら黄みがかったピンクにしましょう。

薄紫は残念ながらspringさんには似合いません。

理由はまず色が薄すぎること。これは鮮やかで明るい色が似合うspringさんには似合いません。

また、イエローベースの人に似合う紫は、赤紫。青紫はブルーベースにお任せしましょう。

この色は寂しそうに見えてしまいます。

ブルーグレーのボトムは定番色で活躍しそうですが、springタイプには似合いません。顔映りに影響がないと言っても、全身を見たときのイメージダウンになりますので、できれば避けましょう。

アウターは安いものではないので、枚数はないと思います。そのうちの1枚は着回しのきく定番色にしておくと便利です。

ただ、springの人はグレーが似合いません。定番色はベージュのように茶系の定番色にしましょう。

似合わない色を取り替えよう!

いかがですか?

同じトーンでまとめると、色相がバラバラでもイメージ自体がまとまりコーディネートがしやすくなります。

springタイプは鮮やかな色が多いので、似合うブライトトーンだけでまとめると派手な印象になりがちです。落ち着いた茶系の定番色を上手に取り入れましょう。

似合わない色を着たい!

ストールやマフラーを使うと顔映りが変わるので、クローゼットの中身が買い換えられなくても、ちょっと買い足せば済みます。

ま、夏は暑くて使いづらい手法ですけど。

ストールは柄モノやグラデーションのものでも大丈夫です。柄やグラデーションの一部に似合わない色が入っていても、パッと見たときに「似合う色」と判断できるものであれば問題ありません。

 

年に数回おとずれる衣替えの季節。クローゼットに眠っている似合わない色を思い切って捨てる、捨てられないなら活用できるものを買い足してみる…ほんの少しの工夫であなたのクローゼットも生まれ変われますよ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。